尾道数楽考房とは

『尾道数楽考房』は、啓仁館代表鈴木生吾が尾道という街に惚れ込み、この地に啓仁館のカリキュラムのうち、数学を中心とした理系科目群のみを配した小さな塾です。 本教室では、生徒たちに「楽しんで学び、自発的に考える」ことを身につけて欲しいと願い 『尾道数楽考房』と名付けました。

◇実力講師による少人数集団授業 『Lecture』

〜本気の想いに応える本物の授業〜

高1・2のクラスでは、『レクチャー』で学校の学習内容の予習や復習、演習を行い、定期テストで高得点がとれるように指導します。点が上がる⇒自信が付く⇒学ぶことが楽しくなる⇒学習意欲が湧いてくる⇒さらに点が上がる・・・この循環を目指します。高3の『レクチャー』では学校内容の復習から始まり、大学受験に必須の最重要項目や押さえておくべき典型解法、発展的な問題に対するアプローチの方法などを伝授していきます。また科目の内容以外にも日々の学習のコツ、モチベーションの維持の仕方、さらにこれから社会に巣立っていく高3生に伝えたいこと・・・など様々な話をしていきます。

◇実力講師による個別指導 『Pals』

〜まなびあい、わかりあい、わかちあう・・・〜

啓仁館開校以来続く伝統の個別指導型数学演習は、「わかる」から「とける」へ導く画期的なシステムです。数学において本当の意味で解法をマスターするには、同じ問題を繰り返し復習するのではなく、「同じ解法」を使って解ける「類題」の演習が不可欠です。そこで啓仁館では、定期テストや大学受験必須の良問ばかりをテーマ・パターン類別し、10段階の難易度に振り分けた数千枚にもおよぶ啓仁館オリジナルプリント『ドクトルK』を作成してきました。

『Pals』ではこれを用いて、個々のレベル・理解度に合わせてレクチャー内容の類題などを個別指導していきます。個々丁寧に指導していきますが、単なる甘やかしはしません。ぎりぎりまで考えたかどうかを確認し、それでもわからないときは授業内容が理解できているかどうかを確認し、その後ヒントを少しずつ与えます。最後は自分で正解を導き出せるように「本当の解ける力」を鍛えていきます。

講師紹介

鈴木 生吾(数学担当)

啓仁館代表。広島大学工学部卒。

現在までの25年に渡り, 啓仁館および大手予備校において人気講師として第一線で活躍中。他, 赤本の執筆、高校の課外授業など活躍は多岐にわたる。昨年度から有名参考書の解説動画を担当。

趣味:サイクリング・筋トレ

西野 昂大(数学・化学・物理)

広島大学・理学部数学科卒。数学、化学、物理の理系3科目において高い知識、授業能力を持ち, 大手予備校・映像授業など様々な形態で授業を行っている。大学での講演や有名参考書の解説動画を担当するなど幅広く活動中。

趣味:子供(娘)のお世話