講座詳細

高1

【高1尾道北高校数学】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

尾道北高校の進度、レベルに合わせた内容で、主に定期テストで高得点をとるための授業を行います。


【高1尾道東高校数学】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

尾道東高校の進度、中位層以上のレベルに合わせた内容で、主に定期テストで高得点をとるための授業を行います。

高2

【高2尾道北高校数学】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

尾道北高校の進度、レベルに合わせた内容で、主に定期テストで高得点をとるための授業を行います。


【高2尾道東高校数学】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

尾道東高校の進度、中位層以上のレベルに合わせた内容で、主に定期テストで高得点をとるための授業を行います。

高3

【高3基礎数学ⅠAⅡB(1学期)】

週2回の授業(80分×2)で『レクチャー』、『Pals』を行います。

いくらやっても成績が思うように上がらない受験生の大半が、基礎力という土台作りを怠っています。数学において基礎力を身につけるとは、典型問題(パターン)といわれる頻出テーマを一通りマスターすることです。『レクチャー』ではその中でも考え方のやや難しい問題をピックアップして解説し、『Pals』では頻出テーマ全てを漏れなく習得させるために、啓仁館オリジナル教材の中から「これだけは問題集」を用いて演習していきます。


【高3センター数学(2学期)】

事前にテスト(60分)を行い、週1回の授業(80分)で『レクチャー』を行います。

2学期は、入試の天王山であり現役生の合否を大きく左右する『センター試験』の対策をメインとして行っていきます。1学期の授業で学んだ基礎力を土台にして、いよいよセンター試験のレベル、傾向、形式に合わせた本格的な演習問題を行います。本番さながらのテストを行い、その後で重要項目の確認、効率的な点の取り方などを解説します。


【高3応用数学ⅠAⅡB(1学期)】

週2回の授業(80分×2)で『レクチャー』、『Pals』を行います。

難関大現役合格を目指す人向けの講座ですが、基礎力という土台がない上でそのような大学の入試問題をいきなり解いても、「真の力」はつきません。まずは1学期に、その準備として必要不可欠な基本知識、重要解法、考え方、学習法など難関大受験のためのイロハを徹底的に身につけさせることを目的とした講座です。


【高3発展数学ⅠAⅡB(2学期)】

週2回の授業(80分×2)で『レクチャー』『Pals』を行います。

2学期はいよいよ、旧帝大を筆頭に広島大・岡山大などの国公立大や、早慶・MARCH・関関同立などの難関私大の入試に対応するため、精選された質の高い実践問題を用いて、論理的な思考力を鍛えていきます。我々講師は一見無関係な問題の中に普遍性を見いだし、それらを体系化することにより偶然ではなく必然的に解に至るメソッドを追求しています。本講座を通してそのメソッドを伝授し、様々な問題に柔軟に対応できる本物の力を養成します。

【高3応用数学Ⅲ(1学期)】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

理系学部志望者にとって数学Ⅲの早期マスターは不可避です。二次試験などでの数Ⅲ分野の出題比率が高い故に、これを得点源にすればセンター試験の不得意科目による得点不足をカバーや、ミスを帳消しにすることも可能なのです。しかし、この分野はⅠAⅡBと違って導入部分の敷居が非常に高く、最初でつまずいて延々とわからないまま受験を迎えてしまう生徒が多いのが現実です。また学習した後、相当な時間をかけて計算演習しないと入試問題には歯が立ちません。啓仁館の数学Ⅲは無駄を省き超効率的に学習できる特殊なカリキュラムになっています。早期に数学Ⅲの土台を作り上げ、計算練習に取り掛かりたい人は必須です。


【高3発展数学Ⅲ(2学期)】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』と『Pals』を行います。

1学期に学んだ数Ⅲの土台を踏まえて、いよいよ本格的な入試問題に取り組んでいきます。数Ⅲ分野の入試問題は、素人目には敷居の高そうな問題が多いのですが、実は定石的な解法で解ける問題が多く、それを覚えてしまえばあとは計算だけで済む問題ばかりなのです。そのために本講座ではそれらを余すところなく徹底的に伝授します。


【高3化学(1・2学期)】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』を行います。

理系専用講座です。そもそも理論・無機・有機と3分野あり、高得点を取るために莫大な時間と演習を要します。地道にやっていけば点数は上がりますが、本番までに仕上がりにくく、効率的な勉強が必要となります。授業では、出来るだけ重要なテーマを抽出し、現象のイメージも含めてコンパクトにまとめて伝授します。


【高3物理(1・2学期)】

週1回の授業(80分)で『レクチャー』を行います。

物理は、初めは敷居が高く次々と登場する新しい概念に翻弄されることの多い科目です。

ですが、きちんと原理を抑えてしまえば、暗記量も比較的少なく、効率的に勉強できる科目です。授業では、原理を1つ1つ丁寧に解説していきます。一緒に物理を攻略していきましょう。

その他

【個別補習・勉強会】

土曜日に、講師が中心になって個別補習や勉強会などを開催することがあります。

希望者、あるいは講師が判断した生徒対象で、無料です。

「個別補習」は、学校の授業についていくのが難しくなった人から将来最難関大学を目指すハイレベル生まで柔軟に対応するために、日々の『レクチャー』や『Pals』を補完するカリキュラムです。このような幅広いレベルやニーズに対応することこそ、この啓仁館『尾道数楽考房』の真骨頂です。ここでは、“今の君”に必要な問題・方法を講師と一緒に考え、それに基づいて学習します。これによって、個々の理解度・スケジュール・志望大学に合わせた「更に密な指導」が可能となります。また、定期テスト前などに行う「勉強会」では、講師と一緒になって塾生みんなで勉強する一体感によって、モチベーションが高まります。

例えば、

「学校での授業についていくのが難しくなった君には・・・」

まず授業で分からなくなったところまでさかのぼり、そこから問題点を講師が見いだし、必要に応じて「ドクトルK」や学校の問題集から問題を選定し、それらを演習することにより徐々に理解を深めて、自信を回復させます。

「学校の定期テストが近づいてきた君には・・・」

経験豊かな講師がテストに出題されやすい問題を学校の傍用問題集から抽出し、それを徹底的に演習します。直前には講師が作成した模擬テストで理解度、知識の欠けがないかどうかを確認し万全の準備でテストに臨みます。

「最難関大学を目指すトップレベルの君には・・・」

学年にかかわらず、その能力や意志があると判断されれば、来たる難関大学受験に必要となる解法をひと足早く伝授するとともに、難関大特有のハイレベルな問題を通して強力なライバル達に負けない思考力や精神力の鍛錬を行います。

【自習】

土曜・日曜以外の毎日17:00~22:00まで自習室が利用できます。講師の空き時間には、数学・化学・物理の質問ができます。